東京都/台東区

浅草ホッピー通

2018年08月10日

「ホッピー通り」とは、浅草寺境内の西側にある80メートルほどの酒場通りで、下町の懐かしい雰囲気の居酒屋がたくさん立ち並んでいるのが「ホッピー通り」です。
いつ行っても、地元の常連さんや観光客で賑わっています。

その昔は「煮込み通り」と呼ばれていたこの通り。
ビールよりも安いホッピーが良く飲まれた事からその名が「ホッピー通り」になったとか。

昔ながらの大衆酒場でほろ酔い気分

店前にはテーブル席が連なっていて、開放的に美味しいお酒と料理を楽しむことができます。店先に掲げられた赤ちょうちんを見ると、ついついもう一杯!と誘われてしまいそうです。

トロトロとした牛すじと上に乗ったたっぷりのネギが、醤油ベースのあっさりスープに絶妙にマッチした味わいです。
どのお店も、独自の雰囲気を作り出しており、お客さんたちの話し声が、心地よい空間を創り上げています。

ここは下町の煮込み天国

「ホッピー通り」は平日の昼間でもとても賑わっています。
1人で飲んでいる方や女性の姿も多く見られ、おそらく、はしご酒を楽しんでいる方も多いと思います。
それぞれのお店の煮込みの食べ比べも面白いですが、路地裏店に入ってそこで出会う人達と話しながら飲む事もおススメ。
是非、浅草観光の際は「ホッピー通り」に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

浅草ホッピー通り

大衆酒場

■住所 〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-19

このページ先頭