日本で使えるサービス

日本で使えるサービス

翻訳機「ili PRO(イリープロ)」。訪日観光客の受け入れ態勢を整えるのに大活躍

2018年10月16日

関連キーワード:日本 旅行 サービス 翻訳 最新情報 訪日 接客 

日本へ旅行に来るとき、一番心配なのは言葉でコミュニケーションが取れるのか?というところですよね。
とくに日本は海外と比べても電車の乗り換えがとてもややこしく、日本人でさえ駅員さんに聞いてしまうほど。よく大きなターミナルで外国人観光客から「どの電車に乗ればいいの?」と質問されることがあります。
電車以外にも、日本から郵便を出したいとき、体調を崩して病院に行きたいなど、観光から離れれば離れるほど言葉のコミュニケーションには不安を覚えて当然です。

訪日観光客が増えてきた昨今では、受け入れ対策を整えるためにili PRO(イリープロ)を導入してサービス提供するお店が増えてきました。ili PROとはなにか?、日本の翻訳機最新情報をご紹介していきます。

iliは3ヶ国語に対応可能

ili PRO(イリープロ)導入のお店が増え、訪日観光客の受け入れ態勢整える

訪日観光客への対応をどう充実させていくか?は、サービス業を営む日本人にとってとても難しい課題でした。その解決策として最近話題を集めているのがili PROです。

ili PROは、オフラインの音声翻訳機です。アメリカ・中国・韓国・タイなど全15言語に対応しており、ほぼ瞬時に翻訳できることが特徴です。使い方は簡単で、ili PROに搭載されているマイク部分に日本語を話せば、ほぼリアルタイムで相手の言語に翻訳されます。
日本語から相手の言語へ、と一方通行の翻訳とはなりますが、接客の大きな手助けとなること間違いなしです。

例えば、病院の受付。馴染みのない国で受付をするにしても、何を出せばいいのか、どうすればいいのかさっぱり分かりませんよね。そんなときili PRO対応の病院であれば、「保険証はありますか?」「ここで薬をもらってください」など母国語に翻訳してもらうことができます。とても大きな安心感に繋がりますよね。

iliの機能・スペック

ili PRO導入の店舗紹介

ili PROを導入しているお店を紹介します。まずは、日本で買ったときに母国に郵送するために使う郵便局。東京中央郵便局では、訪日観光客がとても多く窓口対応でとても活躍しているとのことです。
他には、よつぎ整形外科。中国人の来院に活用しており、「どこが痛いですか?」と翻訳することで受付時間がとても短縮できるんだそう。

ジェスチャーだけでなんとかなってしまうことも多いですが、郵便局や病院など専門的な言葉が飛び交う場所では、正確な意思疎通を図ることがとても重要ですよね。そんなとき、ili PRO対応のお店があればとても安心して利用することができます。
ili PRO導入のお店はこれからも増えていく予定なので、日本で困ったときはili PRO対応の場所を探してみてはいかがでしょうか?

Data

瞬間オフライン音声翻訳機「ili(イリー)」
■メール support@iamili.com
■電話 0800-123-5611
■対応時間 10:30~18:00
■webサイト https://iamili.com/ja/

この記事に関するキーワード

関連記事

このページ先頭