文化・マナー・習慣

文化・マナー・習慣

始まりは平安時代|日本におけるお茶の歴史と茶道という文化

2021年07月13日

関連キーワード:日本文化 伝統 茶道 侘び寂び 歴史 

日本文化といえば、「侘び寂び」が感じられる茶道などの伝統を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。茶道はもちろんのこと、それに用いるお茶の起源はどのようなものでしょうか?また日本文化にどのような影響を与えてきたのかを見ていきましょう。

侘び寂びが感じられる茶道

お茶の起源と日本文化の関係

お茶と日本人の関わりは古く、一説には縄文時代から奈良時代にかけて飲まれていたと言われていますが、ほとんどの場合薬用として用いられていたようです。正式に煎茶として飲むようになったのは遣唐使たちが持ち帰ったお茶の文化が広まったことによります。茶の湯に使うようなお抹茶が出てくるのはさらに後のことになります。石臼で茶葉を挽くという技術が登場したことにより、乾燥させた茶葉を丸ごと溶かした「抹茶」を楽しむ茶の湯が好まれるようになりました。
室町時代の後期から茶の湯は広がりを見せ始め、有力な大名や武将たちはこぞって茶道具を買い求めました。しかしこの時代のお茶は位の高い人の行うことであり、庶民にまで広がるのは江戸時代頃になります。江戸時代には千利休が形作った「茶道」が完成していたため、あまり高価な道具や施設がなくても、奥深い茶の湯を誰もが簡単に楽しむことができるようになりました。

奥深い茶の湯を誰もが簡単に楽しむことができる

茶の湯の精神は日本文化の象徴

室町時代の後期にお茶が盛んになってからもしばらく形式は統一されず、ただ茶を点てて主客がそれを一服するというだけの茶会が主流となっていました。そこに一石を投じたのが茶人として織田信長豊臣秀吉に仕えた元はの商人、千宗易(のちの千利休)です。利休は茶の湯をひとつの小さな宇宙としてとらえ、華美な装飾や余計な儀礼は一切排除してひたすらシンプルに「茶室、茶、主、客」だけが織りなす世界を追求しました。
その結果出来上がった形式は、無駄がなく心を落ち着けて茶を点てて頂くという「侘び寂び」の完成であり、現在の茶道はこの精神とシンプルさを引き継いだものです。武士であっても刀を持って通れぬよう、また偉い人間でも頭を下げざるを得ないよう茶室の入り口は非常に狭く作られるといった工夫が凝らされています。海外からも武士道と並んで、茶道は注目の集まる日本文化なのです。

茶道は注目の集まる日本文化

現代の茶道と海外からの評価

現代においても千利休が作り上げた茶の湯の伝統は日本に息づいており、免許制としていくつかの宗家にわかれながらも受け継がれています。昔であれば茶道は「嫁入り前の女性に必須の習い事」でしたが、近年その考えは廃れ、個人で茶の湯に触れる機会は少しずつ減ってきていました。しかし日本人の傾向とは逆に、外国人は日本文化へのあこがれから積極的に茶道とその精神を学び、母国に帰って人々に広めていきました。よって世界規模でみれば茶道人口は減少してはいないのです。
日本の政府や各自治体も、観光立国を目指すうえで茶の湯の文化を大きな目玉に据えています。茶道具が芸術品としても評価されていることから、土産品・鑑賞目的としても注目されています。若い世代にも茶の湯に興味を持つ人が増えているため、今後も日本文化として脈々と受け継がれていくことでしょう。

世界規模でみれば茶道人口は減少してはいない

まとめ~茶道の精神は日本人の心~

普段から何気なく飲んでいるお茶ですが、茶の湯で出されるお茶は伝統的な日本文化であります。茶の湯は堅苦しい印象をもつかもしれませんが、ただ心を静めてお茶を頂くというシンプルなものです。利休の教えによると茶の湯は「俗世を離れられる場」であり、誰でも楽しむことができます。興味のある方は教室などを覗いて茶道を体験してみるのはいかがでしょうか。

茶の湯は俗世を離れられる場

この記事に関するキーワード

関連記事

このページ先頭